fc2ブログ

2023年末

12 29, 2023
長い記事は書けないのでいくつかのトピックをまとめて。

■2023年競馬
年末になり、事前に予告されていたタイトルホルダーだけではなく、グレナディアガーズ、ピクシーナイト、スルーセブンシーズ、ダノンザキッドが相次いで引退を発表。
有馬記念終わりに現地でタイトルホルダーの引退式を見ながら、競馬を始めたときの「初期衝動」みたいなものが終わったんだなあ...とつくづく思った。
そういう意味で21年クラシック世代の最後の晴れ舞台として有馬記念を見に行けたのは本当に良かった。
もちろん22年クラシック世代にも好きな馬は非常に多いし、シャフリヤールも現役続行を名言してくれているのでまだまだ「熱が冷めた」という感じにはならないとは思うが。
好きな馬についていくつか備忘録。

・ドウデュース
勝ってくれたことは本当に嬉しいがこの馬の底がますます見えなくなった。
東京のような直線の長いコースよりはコーナーがタイトでパワーが必要な中山や阪神内回りみたいなコースが合ってる気がする。

・シャフリヤール
末脚のキレは残念ながら落ちてるがスタートの上手さ、テンの速さに安定感が出てきて先行競馬ができるようになったのは好材料。ダービーの頃のような爆発力で一気に差し切る展開よりも好位につけて押し切るドバイSCみたいなレースをすればG1でもまだまだ通用すると思う。

・スターズオンアース
春4戦目のオークスが最高のパフォーマンスだったように叩き良化型なのに脚元の問題でずっとぶっつけになってしまっていたのが本当に勿体ない。なんとか来年は脚元と相談しつつ戦ってほしい。


■『シン・仮面ライダー』が合わなかった
仮面ライダーに思い入れがないのもあるが全然合わなかった。
これを見て庵野秀明は自分の良さを分かっていないんじゃないか、と思ってしまった。
庵野が群を抜いて凄いのは「段取りを演出的にどう面白く見せていくか」という部分だと思う。
『Air』までの「エヴァンゲリオン」シリーズ(と『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』)が良かったのはその部分で、『シン・ゴジラ』が良かったのは徹底して段取りを丁寧に描くことが面白さに直結したからだと思う。

9年ほど前にneoneowebで「世界の行方の物語」という言葉を使ったけど
結局庵野が得意なのは「世界の行方」をどう段取り良く描くか、という部分なのだと思う。

だから「庵野が作りたい画」の羅列になってしまった『シン・仮面ライダー』も『シン・ウルトラマン』も評価できないし、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』も作品単体で見れば相当イマイチだと思う。

庵野はこれからどうするんだろう、自分がリメイクしたい作品を作り続ける限りは「庵野のやりたいこと」と「庵野の得意なこと」の齟齬はずっと続いていくと思う。


■『ゴジラ-1.0』の視点の曖昧さ
大ヒット上映中の『ゴジラ-1.0』だがどうも好きになれない。別に山崎貴の愁嘆場ドラマが嫌なわけでも東京襲撃時のゴジラの導線がさっぱり映画内で理解できないことのせいでもなく、たった1つのシーンのせいだと思う。

途中でビキニ環礁核実験(クロスロード作戦)が突如ナレーションと共に描かれる。
今回のゴジラは徹底して神木隆之介の視点で進むと思っていたから面食らった。これは誰の視点の語りなのだろうか?観客以外の誰が受容した情報なのだろうか?
おそらく「ゴジラ誕生(?)と核実験の因果関係」を明確にするために挿入したシーンだと思うが不快なノイズでしかない。
作中の誰も受容できない情報を観客へのエクスキューズ(あるいはゴジラ映画の「お約束」)として挿入する、ということにどうにも違和感を覚える。

すべての情報を徹底して作中人物たち全員が共有し続ける『シン・ゴジラ』と比較してしまうとどうしても映画として数段落ちるというのが僕のこの映画への評価です。

■カウンターとしての『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』
年末にとんでもない映画が公開された。
「戦後」というものに対する評価が『ゴジラ-1.0』とここまで思想の違う作品が出てくるとは。

吉岡秀隆の「この国はいままで命を大事にしなさすぎました」(≒だから戦後を生きる僕らは命を大切にします)という言葉に代表されるように終戦を起点として日本の価値観は断絶している、という思想の『ゴジラ-1.0』。
戦前よりより製造が続けられている血液製剤Mの生産で「経済大国」を目指す、という登場人物たちの思想を通じて戦前より続く醜悪な「天下国家ニッポンという幻想」は形を変えこそすれ簡単に変容することはない、という思想をはっきり銘打った『ゲゲゲの謎』。
そもそもが「M」という言葉自体が日本軍が秘密裏に秘匿していたという秘密財産「M資金」や戦中の日本軍兵士が使用していたというヒロポンを想起させるように意図的に演出されている。

どちらの思想が優れているか、というわけではないが僕は後者を支持する。
やはり東宝作品に対してカウンターを打つのは東映なのだ。


『シン・仮面ライダー』と『ゲゲゲの謎』は余裕があれば個別記事書くかもです。
喪中につき諸々の挨拶は遠慮させていただきますが来年が皆様にとっても良き年でありますように。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

boketa

Author:boketa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数